忍者ブログ
こっそりと詩を書く男の人
  プロフィール
HN:
たもつ
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1967/06/05
自己紹介:
こっそりと詩を書く男の人
  ブログ内検索
  月間アーカイブ

  最新記事
(03/21)
(03/19)
(03/17)
(03/14)
(03/13)
  最新コメント
[09/10 GOKU]
[11/09 つねさん]
[09/20 sechanco]
[06/07 たもつ]
[06/07 宮尾節子]
  最新トラックバック
(12/15)
***
(07/29)
  投票所
     
クリックで投票
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング
    
  バーコード
  カウンター
[945] [944] [946] [947] [948] [949] [950] [951] [953] [952] [954]
2017/06/27 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2004/06/01 (Tue)
日が暮れていく、僕の脆弱な血管の中を
翼よ、あれがパリの灯だ
けれど、僕の翼はじゃがいもでできている
ポム・ド・テール!
大地のりんごよ、大空を飛べ、飛べったら飛びたまえよ

  エッフェル塔は垂線である
  その垂線をただひたすらに登り続ける僕は言葉なんて知らない
  だから飛んでくる戦闘機をただひたすらに
  両の拳で叩き落すことしかできません
    
    モンマルトルのアパルトマン、西日のあたる一室
    漢字の練習をしているマドモアゼルは僕の懐かしい恋人
    「愛」という字がうまく書けない
    モナムール、そんなに泣いてはいけない
    さあ、僕がじゃがいもを茹でてあげよう
    僕の翼はじゃがいもでできている

  エッフェル塔の下ではマダムたちが落ちてくる戦闘機の翼を茹でる
  あまり味がしないので、僕は塩やバターをたっぷりとつけて食べるのだ
  エッフェル塔の下でたくさん、たくさん食べますよ
  だから僕、もっと戦闘機を叩き落としたまえ、落とせったら落としたまえよ

      セーヌ川の川上から巨大なじゃがいもがドンブラコと流れてくる
      太郎
      あの中には僕の懐かしい太郎がいるはずだった
      巨大なじゃがいもは護岸を削り、木々をなぎ倒し、橋を壊し
      アデュー
      太郎、海へ

  すべての戦闘機を叩き落し、咆哮!あの月に、あの満月に
  被弾してズタズタ、肉体、落下するエッフェル塔から
  ポム・ド・テール!
  のイメージだけが翼となり大地に激しい口づけ
そして僕はじゃがいもを食べたひたすら食べた死ぬほど食べた
エッフェル塔の下で
懐かしい恋人、懐かしい太郎
を抱いて本当は空を飛びたかった


PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *