忍者ブログ
こっそりと詩を書く男の人
  プロフィール
HN:
たもつ
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1967/06/05
自己紹介:
こっそりと詩を書く男の人
  ブログ内検索
  月間アーカイブ

  最新記事
(03/21)
(03/19)
(03/17)
(03/14)
(03/13)
  最新コメント
[09/10 GOKU]
[11/09 つねさん]
[09/20 sechanco]
[06/07 たもつ]
[06/07 宮尾節子]
  最新トラックバック
(12/15)
***
(07/29)
  投票所
     
クリックで投票
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング
    
  バーコード
  カウンター
[591] [590] [589] [577] [576] [575] [574] [573] [572] [571] [570]
2017/08/17 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/04/22 (Sun)
女は消印を食べ続けた
消印を食べなければ生きていけなかった
医者には病気のようなものだと言われた
普通に届く郵便物だけでは
必要な量は満たせなかった
子供のころは
両親が女のために手紙を書いた
最初のうちはメッセージを添えていたが
書くことも決まっていたし
必要なのは消印だけだったので
やがて何も書かなくなった
父親が亡くなると
母親と女の二人で書いた
数年後、母親も後を追うように亡くなった
母親は父親と同じ墓に入った
バスで一時間ほどかかる山間の狭小な霊園だった
女は一人で手紙を書いた
一人になっても文面は書かなかった
それでも数日前に自分で出した手紙が届くと
少しうきうきして
何か書いてないか確かめたりもした
そしてがっかりして
消印を食べた
ある日、自分の出した手紙に文字が書いてあった
幼い雰囲気の数文字だけだった
消印の日付から推測すると
女がひどくう酔っぱらった時に書いたものらしい
女は泣いた
手紙を読んで泣いたのは初めてのことだった
「うーたん」
幼いころ
両親が女を呼んでいた愛称だった

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
なんか、すごく、いい詩ですね。人って、というか、わたし、一言でもいいから、手紙欲しいんですよね。ともかく、繋がっていたいんですよね。
一番強く繋がってる、親がいなくなってしまったら・・・・ほろほろしてしまいました。
とも 2007/04/23(Mon)13:57:09 編集
無題
消印を食べても満たされない心。
本当に欲しかったのは消印ではなかったのですね。
メッセージ・・・言葉・・・心・・・文字
だったのですね。きっと。
kirarafuu 2007/04/23(Mon)16:12:20 編集
こんにちは
>ともさん
感想ありがとうございます。
両親、まだ健在ですが、身体の自由の利かない父親を見ていると、そうですね、
ほろほろしてしまう。
うちは一人娘だから、僕と奥さんが死ん
じゃうと娘はひとりぼっちなんだな、と
思うと、やはりほろほろしてしまいます。

>kirarafuuさん
感想ありがとうございます。
そうですね、ともさんもおっしゃってま
したが、どこかで繋がっていたい、多分
そんな気持ちではないのかな、と思いま
す。
たもつ 2007/04/24(Tue)13:46:26 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *