忍者ブログ
こっそりと詩を書く男の人
  プロフィール
HN:
たもつ
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1967/06/05
自己紹介:
こっそりと詩を書く男の人
  ブログ内検索
  月間アーカイブ

  最新記事
(03/21)
(03/19)
(03/17)
(03/14)
(03/13)
  最新コメント
[09/10 GOKU]
[11/09 つねさん]
[09/20 sechanco]
[06/07 たもつ]
[06/07 宮尾節子]
  最新トラックバック
(12/15)
***
(07/29)
  投票所
     
クリックで投票
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング
    
  バーコード
  カウンター
[1188] [1187] [1186] [1185] [1184] [1183] [1182] [1181] [1180] [1179] [1178]
2017/11/18 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/10/11 (Mon)
 
 
理髪店に備え付けられた
平方根の中で眠る犬
その耳に形のようなものがある
店主はただ黙々と
軟水で精製されたハサミを用いて
僕の髪を切り分けていく
その間、僕は不慣れな手つきで
操舵輪を操らなければならない
海峡の一番狭い場所にさしかかる
お願いしますよ
店主がつぶやく
切られた髪が足元にしんしんと降り積もる
やがて窓の外へと風に運ばれていく
何かと間違えた海鳥が
それらを追いかけて飛ぶ
順番待ちをしている男の人が
いくつものセミの抜け殻を
粉上になるまで握りつぶしている
ごりごりとした音が
直接頭の中に響き始める
ハサミは頭蓋骨に到達したらしい
お願いしますよ
店主が再びつぶやく
世の中にはこのようにして
生計を立てている人もいるのだ
  
 
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おはようございます。今日は第三日曜、月に一度の日月曜日連休です。

ところで私の顧客達は平気で自分の髪を自分で切ってきます。
顧客達は「目」で切ります。私たちは頭皮からの距離を測る「左手」で切ります。それがプロと素人の差です
おみほ 2010/10/17(Sun)09:10:13 編集
>おみほさん
こんばんは。なるほど、面白いですね。
「業界」ならではの貴重なお話、ありがとうございます。
詩は言葉ではなく、目で書くものだと思ってます。
たもつ 2010/10/19(Tue)22:14:24 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *