忍者ブログ
こっそりと詩を書く男の人
  プロフィール
HN:
たもつ
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1967/06/05
自己紹介:
こっそりと詩を書く男の人
  ブログ内検索
  月間アーカイブ

  最新記事
(03/21)
(03/19)
(03/17)
(03/14)
(03/13)
  最新コメント
[09/10 GOKU]
[11/09 つねさん]
[09/20 sechanco]
[06/07 たもつ]
[06/07 宮尾節子]
  最新トラックバック
(12/15)
***
(07/29)
  投票所
     
クリックで投票
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング
    
  バーコード
  カウンター
[958] [959] [960] [961] [962] [963] [964] [965] [966] [967] [968]
2017/06/27 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2004/04/17 (Sat)
駅のホームで国歌を斉唱します、国歌を斉唱したいのです
どこの国歌でも構いません、僕は斉唱したいのです
恋人はホームの先端でフェンスを噛み砕いています
ものすごい音をたて、あるいは音をたてないで
僕は国歌を斉唱します、高らかに!斉唱したいのです

ある日、僕はこつ然と駅のホームに立ちました
国歌を斉唱する僕の足元にスズメがやってきて小さな歌を歌います
ベンチでは初老の紳士が一人、西洋式の便器を大事そうに抱きかかえ
良い思い出を、とつぶやきながら、走り去る列車に手を振っています
ホームの先端、恋人はフェンスを噛み砕き続けています
もう、彼女に歯はありません、僕は国歌を斉唱します

どこの国歌でもいいのです
その国の人を大切に思います
その国の大地、一番北に咲く花のことも
その国のすべての階段という階段が健やかに階段であることを祈ります
僕に国歌を斉唱させてください

ホームの先端でフェンスを噛み砕き続けている恋人は
すでにフェンスになってしまいました
伝えなければならないことが沢山あったはずなのです
だから僕は駅のホームになろうと思います、なりたいのです
先端でフェンスである恋人がフェンスを噛み砕いている駅の
ホームになりたいのです
そして僕は国歌を斉唱します
もう、「愛」という言葉で何もごまかしません
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *