忍者ブログ
こっそりと詩を書く男の人
  プロフィール
HN:
たもつ
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1967/06/05
自己紹介:
こっそりと詩を書く男の人
  ブログ内検索
  月間アーカイブ

  最新記事
(03/21)
(03/19)
(03/17)
(03/14)
(03/13)
  最新コメント
[09/10 GOKU]
[11/09 つねさん]
[09/20 sechanco]
[06/07 たもつ]
[06/07 宮尾節子]
  最新トラックバック
(12/15)
***
(07/29)
  投票所
     
クリックで投票
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング
    
  バーコード
  カウンター
[1] [2] [3]
2017/10/24 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2004/07/20 (Tue)
誰も知らないどこかの

小さな部屋で

歌わなくなったピアノに

ほこりが積もっています

鍵盤を叩けばまだ鳴るのに

音符はまだカエルになってないのに

歌を忘れてしまったのは

きっとわたしの方

PR
2004/07/19 (Mon)
卵をひとつ落として

夕焼けは夕焼けへと帰っていきます

さよならを言うのが嫌で

いつまでもふざけていたのは

言葉を越えられるものは

言葉ではないと

ある日ふと知ってしまったから

ちびた鉛筆が捨てられることなく

机の一番上の引きだしに

しまわれています

2004/07/18 (Sun)
最初から
おじいさんや
おばあさんが
いたわけではないのです
ただ風ばかりが吹く
何もない夕暮れのようなところから
むかし、むかし
と物語はいつも始まるのでした
やがてお話が終わると
また夕暮れのようなところで
風ばかりが吹く
そのようにして物語は
語り継がれていきます
母さん
その風の音を聞きながら眠るのが
わたしは好きでした
2004/07/17 (Sat)
くちびるを閉じると

世界とわたしは

分かれます

くちびるを開くと

世界とわたしは

またつながります

分かれたり、つながったり

くりかえし、くりかえして

わたしはまた少し

遠くへと行きます

2004/07/17 (Sat)
あのビルは

誰の羽なのでしょうか

あんなに高くて

空に届かない

見上げるわたしたちは

いつまでも

一枚の写真でした
2004/07/16 (Fri)
春が

わたしの中に入ると

増えます

やがて溢れ出して

玄関では靴が

遊びたそうにしています

2004/07/16 (Fri)
日記は忘れています

かつて

誰かの魚であったことを

泡を吐くと

風景が裏返る

人は皆

水面でした

2004/07/11 (Sun)
バナナが一本
海を底の方へ
ゆらゆら
落ちていきます
見たこともないその物に
身を翻し逃げていく
魚たち
大きなクジラが
大きな口を開けて
ザブンと飲み込む
夜、台所に行くと
ヤカンの中で
そんな音がしました

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *