忍者ブログ
こっそりと詩を書く男の人
  プロフィール
HN:
たもつ
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1967/06/05
自己紹介:
こっそりと詩を書く男の人
  ブログ内検索
  月間アーカイブ

  最新記事
(03/21)
(03/19)
(03/17)
(03/14)
(03/13)
  最新コメント
[09/10 GOKU]
[11/09 つねさん]
[09/20 sechanco]
[06/07 たもつ]
[06/07 宮尾節子]
  最新トラックバック
(12/15)
***
(07/29)
  投票所
     
クリックで投票
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング
    
  バーコード
  カウンター
[1272] [1271] [1270] [1269] [1268] [1267] [1266] [1265] [1264] [1263] [1262]
2017/07/25 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/04/16 (Sat)
 
 
ピキは犬ではないのかもしれない
犬だと思ってドッグフードまであげていたのに
買ってきた犬図鑑に載っているどの犬とも
その形状は一致しない
図鑑の犬はすべて四本足なのに
ピキは六本足で歩き、走り、寝る
図鑑の犬は長い短いはあるものの
全身毛に覆われている
ピキには毛と思われるものは無く
皮膚は見た目が金属のような質感で
撫でると触感は柔らかな紙に似ている
耳だか鼻だか目だか分からないものが
顔の真ん中に二つ
幼児向けの絵本には
いぬはわんわんとなきます
と書いてあるけれど
ピキはポクポクと鳴く
というより泣いている感じがする
体の大きさは適当な比喩が見つからないので
いつも説明に困る
それでもリードにつないで散歩させていると
可愛いわんちゃんですね、と人は誉めてくれる
ピキは嬉しそうにしっぽを振る
位置的にはしっぽで間違いないと思う
甘えたように体をこすり付けてきたり
水っぽい舌で舐めたりするけれど
それを愛情や友情と呼ぶのは
僕の勝手な思い込みかもしれない
ピキが行動するにはピキの事情があって
本当に心が通じあっているのかもわからない
それでも僕はピキを守る
ピキが犬であるかどうかなんて関係ない
僕は犬図鑑を捨てる
  
 
 
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
じーん、としました。
我が家にも猫に似つかわしくない猫がいます。
棘蔵 URL 2011/04/16(Sat)11:06:40 編集
>棘蔵さん
こんばんは。
お久しぶりです。
また、ぽちぽちと詩をアップしていこうと思います。
感想ありがとうございます。
我が家には犬がいます。
実家には猫がいるのですが、夕方の5時くらいになると母に声をかけて二人?で散歩に出かけるのが日課のようです。
猫が先を歩くそうです。
たもつ 2011/04/16(Sat)20:15:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *