忍者ブログ
こっそりと詩を書く男の人
  プロフィール
HN:
たもつ
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1967/06/05
自己紹介:
こっそりと詩を書く男の人
  ブログ内検索
  月間アーカイブ

  最新記事
(03/21)
(03/19)
(03/17)
(03/14)
(03/13)
  最新コメント
[09/10 GOKU]
[11/09 つねさん]
[09/20 sechanco]
[06/07 たもつ]
[06/07 宮尾節子]
  最新トラックバック
(12/15)
***
(07/29)
  投票所
     
クリックで投票
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング
    
  バーコード
  カウンター
[847] [849] [850] [852] [851] [853] [854] [855] [856] [859] [858]
2017/11/22 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002/01/12 (Sat)
八分咲きの桜の下
和服姿の女は背を向けて立ち
振り向きかけた横顔に
光る涙がひとすじ

思わず息をのんでしまった僕は
その光景を丸めると
ポケットに入れて持ち帰り
4畳半の自室に飾った

花が満開となり

やがて散り

木漏れ日のなか

落葉を見ながら

冷たい雨に打たれても

女は樹の下で涙していた

酔っ払って帰ってきた夜も二日酔いで頭が痛い朝も味噌汁を飲んでいるときも新聞を読んでいる途中にふと見上げたときも遥か北方の空にあるオーロラを想っているときも自分の要領の悪さが嫌になったときもニュースを見ながらキャスターのすらりと伸びた脚にうっとりとしているときもどうせ真面目に読んでいる人もいないから僕の夢は世界制服だなんて言ったて誰も気づかないだろうしそうそう故郷から木箱に入ったみかんが送られてきたときも好きな人が出来たときも好きな人とお別れしたときもいつでも
女の横顔には涙が光っていた


夜は背後からやってくる 肩を叩かれ振り返れば いつも夕闇


そしてまた
桜が咲き

ある朝目を覚ますと
女はいなくなっていた

おそらく一年が経ち
涙もやっと
乾くことが出来たのだろう

ときおり髭を剃りながら
もしかしたらあの人は
父方の祖母だったのかもしれない
などと
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *