忍者ブログ
こっそりと詩を書く男の人
  プロフィール
HN:
たもつ
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1967/06/05
自己紹介:
こっそりと詩を書く男の人
  ブログ内検索
  月間アーカイブ

  最新記事
(03/21)
(03/19)
(03/17)
(03/14)
(03/13)
  最新コメント
[09/10 GOKU]
[11/09 つねさん]
[09/20 sechanco]
[06/07 たもつ]
[06/07 宮尾節子]
  最新トラックバック
(12/15)
***
(07/29)
  投票所
     
クリックで投票
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング
    
  バーコード
  カウンター
[1109] [1108] [1107] [1106] [1105] [1104] [1103] [1102] [1101] [1100] [1099]
2017/09/27 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/05/08 (Sat)


朝、食卓の上に
動物園があった
雨が降っていた
動物たちは雨に濡れて
毛が硬そうに固まっていた
わたしは雨に濡れないように傘を差し
立ったままトーストを食べた
動物たちはわたしに無関心か
そうでなければ
無関心のように見えた
知り合いに電話をすると
向こうも雨が降っていたみたいで
用件を済ませるのに
思ったより時間がかかった
その分、たくさんの
言葉が必要だった
 
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
動物
たもつさんの詩には動物がよく出てきますね。ぼくは今のところ「熊」と「牛」だけです。
どういった経緯からなのかあるいはメタファとして使いやすいんでしょうか。

残されたもののことを考えるときっと自殺なんてできませんね。

お元気そうで何より。
Jun URL 2010/05/17(Mon)20:55:50 編集
>Jun さん
こんにちは。動物が出てくるのは、恐らく、子どもの頃、イソップ童話に慣れ親しんだからかもしれません。
何かのメタファ、というより、寓話性というか。あるいは、詩への入口というか。
僕は熊は書いたことがないです。イメージがわかないんですね、きっと。
北海道の熊牧場の熊は可愛かったですが(笑)

Junさんもお元気そうで何よりです。
自分が死ぬことは恐くありませんが、他人が死ぬことは恐いし、自分が死んだ後、残された人のことを考えると恐いです。
たもつ 2010/05/17(Mon)23:07:56 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *