忍者ブログ
こっそりと詩を書く男の人
  プロフィール
HN:
たもつ
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1967/06/05
自己紹介:
こっそりと詩を書く男の人
  ブログ内検索
  月間アーカイブ

  最新記事
(03/21)
(03/19)
(03/17)
(03/14)
(03/13)
  最新コメント
[09/10 GOKU]
[11/09 つねさん]
[09/20 sechanco]
[06/07 たもつ]
[06/07 宮尾節子]
  最新トラックバック
(12/15)
***
(07/29)
  投票所
     
クリックで投票
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング
    
  バーコード
  カウンター
[1296] [1295] [1294] [1293] [1292] [1291] [1290] [1289] [1288] [1287] [1286]
2017/07/25 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/05/22 (Sun)


犬も歩けば棒に当たるそうです
眠ることが下手な人が
こっそりと教えてくれました
でも、僕は何もしてあげられません
犬が棒に当たる様子を黙って見ているか
背後にその音を聞くくらいのことしか
僕にはできません
できないのです
それでもせめて前もって
棒を抜いておいてあげれば良いのですが
すべての棒を抜いておくことは不可能ですし
すべての棒が抜いて良いものとも限りません
その棒がなければ困る人もいるでしょう
その棒がなければ困る犬もいるでしょう
犬が棒に当たれば棒だって多少は傷つくでしょう
もし犬と同じように命などがあれば
痛みだって感じるでしょう
だからせめて僕は願います
犬が棒に当たらないことを
この話が嘘である、
ということを本当は願いたいのですが
それではこの話を教えてくれた人が
嘘つきになってしまいます
僕は嘘つきは嫌いではありません
嘘をつくにはやむを得ない理由があるからです
あえて僕は断言します
理由のない嘘などこの世にはない、と
根拠も無く言います
理由のない嘘などこの世にはない、と
僕は願い
僕は願いません
近所から新聞受けを開ける音が聞こえてくる
まだ薄暗い、そんな明方です
どうか、犬が歩いても棒に当たりませんように
走っても棒に当たりませんように
もし当たったとしても
その何倍もの良いことが犬や棒にありますように
どうか、これからの時間
ほんの少しでも上手に眠れますように
 
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *