忍者ブログ
こっそりと詩を書く男の人
  プロフィール
HN:
たもつ
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1967/06/05
自己紹介:
こっそりと詩を書く男の人
  ブログ内検索
  月間アーカイブ

  最新記事
(03/21)
(03/19)
(03/17)
(03/14)
(03/13)
  最新コメント
[09/10 GOKU]
[11/09 つねさん]
[09/20 sechanco]
[06/07 たもつ]
[06/07 宮尾節子]
  最新トラックバック
(12/15)
***
(07/29)
  投票所
     
クリックで投票
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング
    
  バーコード
  カウンター
[655] [654] [653] [652] [630] [629] [628] [627] [626] [625] [624]
2017/08/24 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/06/10 (Sun)
 /雨が降ってる
  小さな砂漠なのだと思う
  講師は教壇に立ち
  黒板に自分の名を書く

  「倉持康雄」


はじめまして、倉持です
皆さんにとって実りのある研修であればいいですね
倉持康雄です
本当は女性に生まれたかったのですが


 /白墨は静かに置かれる
  雨が降ってる
  小さな砂漠、浸透する雨
  溜まらない、つまりそれは
  探さなくてよいことだから
  僕は助かる
  助かるのはいつでも僕


茨城県のある地方では
半分くらいの人が倉持さん、という所があります
自分のルーツはそのあたりかな
なんて時々ふと思う日もあります
本当は女性として生まれてきたかったんですよ


 /可哀想な感じがしないのは
  倉持さんの配慮のおかげだ
  僕は倉持さんのことを好きになり始めてる
  ねっとりと生温かくスケベなことをしたい

 /砂漠を少し歩く
  鉄筋コンクリート三階建ての建物がある
  金属製のプレートに研修所とある
  その隣、窓にすだれのかかっている平屋が
  僕の実家だ

 /僕はあの実家で生まれたかった
  生まれても良かった
  実家はいつも汗臭くて
  歯磨き粉が足りなかった気がする
  私の実家もそうでした
  と、後になって倉持さんは述べた
  
 /康雄さんの研修が始まる


それではお手元にあるシートに必要事項を記入してください


 /僕は倉持さんの
  性器を描いた
  砂に埋めるために
  顔をあげると
  倉持さんはやっと女性に生まれたところだった
  黒板に名前が書かれている

  「倉持康子」

 /良い名前だ
  でも僕は康雄という名前が好きだった
  好きだったよ、康雄
  人は失って初めてその大切さに気づく
  康雄さんの性器の絵を消しゴムで消していく
  窓の外、実家の者が桶に飲み水を溜めている音が聞こえる

 /それでは、と康子さんの研修が始まる
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 行程 HOME >>
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *